シニア向け合宿免許プラン

2020年1月22日 / 合宿免許 豆知識

 

合宿免許には学生さんなど若い人達が多く参加しています。
しかし今は中高年の人達が免許をとりたいと合宿免許を検討しているケースも多くなってきているのです。

一般的な合宿免許は、通学して免許を取得するより比較的安い金額で、なおかつより短い期間で自動車運転免許が取れるというところが魅力です。
でも、期間の短さを追求すると、中高年の方達は少し辛いところでしょう。

年をとると、色々なことを覚えるのも大変になってくるので、合宿免許でも出来るだけゆったりしたペースで、自分に合ったペースで教習が進むとありがたいですよね。

そんな方にオススメの合宿免許プランがあります。
それはシニア向け合宿免許プランです。
対象年齢は56歳から64歳までです。

シニア向けプランは、若者向け合宿免許で混雑する時期を避けて開校されます。
若者向けの合宿免許が2週間前後で免許が取得出来るのに対し、シニア向け合宿免許プランは1週間程度プラスしてあり、ゆったりと期間を設けた合宿免許プランになっています。

免許取得に必要な学科や技能教習をうけるだけでも疲れるものですが、合宿免許で生活する環境が変わることも疲れを招きます。
そこでシニア向け合宿免許プランは宿舎を民宿にしているところもあるようです。

再就職のためや老後に車で旅行するためなど、様々な目的で合宿免許に参加するシニアの方がいると思います。
せっかく免許を取得するのですから、合宿免許で少し旅行気分を味わってみるのもいいと思います。

コメントを残す

TOPへ戻る