「2019年10月」の記事

合宿免許の魅力って????

2019年10月25日 / 未分類

 

合宿免許でのいいところ。

・合宿免許は短期間で免許が取得できる
・合宿免許参加者専用の特別スケジュール
・のびのびとした環境でゆったりと免許を取得できる
・交通渋滞の少ない環境で路上教習ができる
・普通自動車以外の免許も合宿免許で取得できる
・価格が安い

といったところでしょうか。

中でも注目したいのが短期間で免許取得が出来るということです。
合宿免許では決まった入校日とスケジュールで教習が始まります。
入校日には合宿免許を希望する人が全国から集まり、一度に教習をうけます。

万が一補習になるようなことがあっても、合宿免許は夜や翌日以降の空き時間に教習を受けられるようにある程度余裕を持ったスケジュールになっています。
そのため、試験や検定で落ちさえしなければ、大抵の場合は合宿免許期間内で卒業が出来ます。

合宿免許では申し込みをした時点で教習の全日程を予約するような感じなので、教習を受けられない日が出てくるということもなく、効率よく合宿免許を卒業することができます。

免許の種類によっては教習所によって取得可能な所とそうでない所があるので、近隣の自動車教習所で希望する免許が取れないということもあるようです。
そのため、合宿免許を希望する人も増えてきています。

そして、地方でゆったりと免許が取得できるというのが合宿免許の魅力であると思います。

路上教習では実際の車の流れに沿った運転が求められます。
初心者が教習をする際に車通りが比較的少ない環境で学ぶことは、正しい技術を身につける上で非常に有効です。

合宿免許の費用について

2019年10月24日 / ユーアイ トピックス

 

合宿免許ではなく、普通に教習所に通い、通学で免許を取得するには、平均で30万円前後の費用がかかるようです。
それに加えて、教習時間や検定でオーバーしてしまった場合には追加で別途料金がかかります。

それに比べて合宿免許は教習所に通いながら免許を取得するよりもかなり安く免許を取ることが出来ます。

合宿免許の費用の場合は、免許取得のために必要な費用がすべて含まれているパック料金になっています。
合宿免許期間中の宿泊費や食費、自宅から合宿免許先への往復交通費なども含まれているのが一般的です。
さらに、合宿免許では追加料金も含まれているので、別途料金がかからない場合が多いです。

合宿免許先の教習所やシーズンによって多少の違いはあるものの、約25万円前後くらいでしょうか。

合宿免許は教習所によって色々な合宿免許プランが用意されていて、費用が高い合宿免許プランから格安な合宿免許プランまで様々です。
学生さんなどが長期休みの時期は合宿免許に参加する人が増えるので、費用が若干高くなるようですが、オフシーズンなどはキャンペーン価格で安くなっている場合が多いです。

学生さんだけでなく、もちろん社会人の人でも合宿免許に参加することが出来ます。
合宿免許の方が安く済みますし、効率的です。
免許取得のための費用も期間もかなり抑えられます。

ただし、合宿免許は2週間以上のまとまったお休みが必要なので、会社勤めをしている社会人の方は難しいかもしれませんね。

合宿免許の教習所選び

2019年10月23日 / ユーアイ トピックス

合宿免許では短期間で免許が取得でき、また費用も通学免許に比べてとても安くなってます。

合宿免許の人気の理由はこれだけではないんですよ
通学免許の場合、学校や仕事帰りに教習所に通うとなると、その周辺の最寄りの教習所を選びますよね。

合宿免許は全国各地にあるので、自分の行きたい場所を選択できるんです
わざわざ遠い地域の合宿免許を選ぶことで、旅行気分を味わえるんですよ!
もちろん合宿免許は外出する時間もあるので、観光したりレジャーを楽しむこともできます
合宿免許に来たのに旅行気分が味わえるなんて、嬉しいですよね☆
暑い時期なら海水浴や花火大会、寒い時期ならスキーや温泉なんかもいいですね!

合宿免許の教習所を選ぶ時は、このようなことも視野に入れてみると、合宿免許がより楽しくなると思います
そして合宿免許にはプランも豊富で、観光やレジャーを楽しむ要素があるプランもあります。
プランも合宿免許の教習所を選ぶ際、良い判断材料になるかと思います。
レディースプランや温泉やエステ、特別な食事などの特権がついたプランもおすすめです
あとは費用や入校可能時期など、合宿免許の教習所によって違うこともあるので、いくつかにリストを絞ったら比較してみましょう。

合宿免許は全国各地にたくさんあります。
きっと自分に合った合宿免許が見つかりますよ
合宿免許で楽しみながら免許を取得できるといいですね☆

合宿免許に必要な物のリスト

2019年10月20日 / 合宿免許 豆知識

合宿免許では必ず必要な持ち物と、持っていたら何かと便利な物があります。

まず、合宿免許入校の際に必要な物です。

・住民票(本籍地記載で3ヶ月以内に発行されたもの)
・身分証明書(初めて免許取得する人)
・運転免許証(持ってる人のみ)
・筆記用具
・印鑑
・健康保険証

これらは合宿免許に参加する時は必ず必要になります。

次に、必ず必要ではないけど合宿免許であると役立つ便利な物です。

・絆創膏
合宿免許でバイクの免許を取得する人にはお勧めです。

・常備薬
合宿免許期間中は環境の変化などで体調を崩す人は少なくありません。

・マスク
合宿免許は集団生活になりますし、風邪を引くと免許取得が遅れることもあるので、予防の為にもあると良いでしょう。

・二股コンセント
合宿免許に携帯やスマホ、ゲームなどを持っていく人が多いので、相部屋の場合だとコンセント不足になります。

・洗濯ネット
合宿免許中にコインランドリーで洗濯出来ますが、ネットはありません。
下着などを洗うのにあると便利です。

・ハンガー
宿泊先にもハンガーはあると思いますが、本数に限りがあります。
洗濯物を干すとなると備え付けだけでは足りなくなる場合があります。

・折りたたみ傘
合宿免許期間中に雨が降らないという保証はありません。
余計な傘を買いたくないという人はあると良いでしょう。

・虫よけスプレー
夏休みなどを利用して合宿免許に行こうと考えている人には必須アイテムです。

・スリッパ
寮やアパート、マンションタイプでの合宿免許を選んでいる場合、スリッパがないことが多いので、気になる人は持って行くと良いでしょう。

TOPへ戻る