相部屋を選ぶなら我慢が必要

2019年12月9日 / ユーアイ トピックス

合宿免許に参加する際に一人部屋にするか相部屋にするか迷うところですよね。

合宿免許に一人で参加するなら相部屋よりも一人部屋の方が良いかもしれないというのは、合宿免許に参加したことがなくても何となく感じます。
実際に一人で合宿免許に参加している人は一人部屋を選んでいる人の方が多いようです。

一人で合宿免許に参加する人が相部屋を選んで得られるメリットは、合宿免許にかかる費用が2~3万円くらい安く抑えられるということと、朝遅刻をしないで教習所に行くことが出来るということだけです。

少しでも安く合宿免許に参加したいのであれば相部屋を選ぶのが最も良い方法ですが、一人部屋での生活と比べて当然色々な点で我慢をしなければならなくなります。

他人なので、些細な事で揉めたりする事もあるかもしれません。
そんな事があったら残りの合宿免許期間中は居心地が悪くなりますよね。

運よく気の合う人と相部屋になれば楽しく合宿免許を過ごせるかもしれませんが、そうでなければ他人の些細な事が許せなくなって合宿免許なのに集中して免許を取得することが出来なくなるかもしれません。

同室の人のイビキが気になって眠れないとか、部屋を散らかしてしまう人とか、無駄に声が大きい人とか。
その他にも、人それぞれ寝る時間も違えば見てるテレビだって違うので、人に合わせなければなりません。

そんな事が気にならないか我慢出来るのであれば、相部屋での生活も楽しくなって一人での合宿免許でも良い思い出が作れると思います。
自分に合った方法をじっくり考えてから合宿免許に参加すると良いでしょう。

コメントを残す

TOPへ戻る