「2016年09月」の記事

作業系の合宿免許

2016年9月30日 / 未分類

 

これまで勤めていた仕事とは別の仕事への再就職を考えている人には、作業系の合宿免許もオススメです。
作業系の免許取得を目指しているなら、合宿免許で取得するのが手っ取り早く、確実な方法だと言えると思います。

仕事の内容や勤務する事業所の規模によって求められる資格の数は異なりますが、大抵の場合は一つの作業系免許で仕事が成り立つということは少ないです。
そのため、複数の作業系免許を合宿免許で取得しておくと、あらゆる仕事に携わることが出来るので、再就職にも有利かもしれません。

合宿免許で複数の免許を一緒に取得することもできます。
作業系免許の種類もいくつかあり、免許取得に経験が必要だったり、経験によって免許取得期間が短縮される場合もあります。

また、大型特殊の免許を持っている人なら、合宿免許だとフォークリフトなどは2日間程度で免許が取得できます。

初心者でも比較的短期間で取得出来る作業系免許には、玉掛や小型移動式、床上操作式各クレーンなどがあります。
これらは合宿免許で最短だと3日間程度で免許が取得できます。

作業系免許は合宿免許でも比較的短期間で取得できるので、合宿免許で作業系免許だけの取得を目指すのも良いとは思いますが、職業ドライバーの称号である二種免許も一緒に合宿免許で取得するというのも一つの方法です。

合宿免許で複数の免許を一度に取得しようと考えているなら、金銭的にも期間的にも検討してみると良いと思います。

仕事をしながら合宿免許に参加するのは難しいかもしれせんが、仕事で使う免許ならば、合宿免許で一度に取った方が手っ取り早いですね。

業系の合宿免許

これまで勤めていた仕事とは別の仕事への再就職を考えている人には、作業系の合宿免許もオススメです。
作業系の免許取得を目指しているなら、合宿免許で取得するのが手っ取り早く、確実な方法だと言えると思います。

仕事の内容や勤務する事業所の規模によって求められる資格の数は異なりますが、大抵の場合は一つの作業系免許で仕事が成り立つということは少ないです。
そのため、複数の作業系免許を合宿免許で取得しておくと、あらゆる仕事に携わることが出来るので、再就職にも有利かもしれません。

合宿免許で複数の免許を一緒に取得することもできます。
作業系免許の種類もいくつかあり、免許取得に経験が必要だったり、経験によって免許取得期間が短縮される場合もあります。

また、大型特殊の免許を持っている人なら、合宿免許だとフォークリフトなどは2日間程度で免許が取得できます。

初心者でも比較的短期間で取得出来る作業系免許には、玉掛や小型移動式、床上操作式各クレーンなどがあります。
これらは合宿免許で最短だと3日間程度で免許が取得できます。

作業系免許は合宿免許でも比較的短期間で取得できるので、合宿免許で作業系免許だけの取得を目指すのも良いとは思いますが、職業ドライバーの称号である二種免許も一緒に合宿免許で取得するというのも一つの方法です。

合宿免許で複数の免許を一度に取得しようと考えているなら、金銭的にも期間的にも検討してみると良いと思います。

仕事をしながら合宿免許に参加するのは難しいかもしれせんが、仕事で使う免許ならば、合宿免許で一度に取った方が手っ取り早いですね。

合宿免許選びのポイント②

2016年9月24日 / ユーアイ トピックス

 

・場所はどこに?交通費は出るのか?
家から近い場所がいいのか、せっかく合宿免許に行くなら行ったことのない場所がいいのか。
でも遠方の合宿免許だと交通費がかかるかも。
なんて不安は尽きないものですね。

合宿免許では、主要都市の大きな駅から合宿免許を扱っている教習所までの往復交通費を支給してくれるところも多いので、意外に負担は少なくて済みます。

・食事はどうなるのか
合宿免許期間中の食事も重要なポイントですよね。
食事は特別な表記のない限り、基本的には3食付きます。
専属のシェフや栄養士の資格を持った人が料理する教習所もありますし、バイキング形式になってる合宿免許もあります。
教習所の食事に飽きたら教習所の先生に地元の有名店を教えてもらい、食べ歩きなんてのも合宿免許ならではの楽しみですね。

・周辺の環境
合宿免許を扱っている教習所や宿舎の周辺には何があるのか。
スーパーやコンビニ、銀行や郵便局など、合宿免許期間中でも普段と変わらない生活環境を望んでいる人も多いと思います。
インターネットなどで良く調べておくと後で困らないでしょう。

・空き時間をどう過ごすか
合宿免許の空き時間や自由時間に何ができるのか。
勉強も大事ですが、息抜きも必要ですよね。
娯楽施設を用意している教習所もありますし、エステやネイルアート教室など、合宿免許に行きながら自分磨きまで出来ちゃう合宿免許プランもあります。

他にも観光や温泉巡りに連れていってくれる教習所もあるので、空き時間を有効に使って思い出作りも出来ますね。

合宿免許選びのポイント①

2016年9月20日 / ユーアイ トピックス

 

いざ合宿免許に参加しようと思っても、どんな風に合宿免許を決めたら良いか分からないという人もいるでしょう。
合宿免許選びのポイントを調べてみました。

・料金や保証内容の確認
合宿免許の費用には基本的に教習費、宿泊費、食費、交通費が含まれています。
補習になって延長した際に追加費用がかからないお得な合宿免許プランもあります。

金額は教習所やプランなどにより異なりますが、金額だけで比較するのではなく、保証内容を必ず確認しましょう。

・キャンペーン情報の収集
教習所が実施するキャンペーンを上手く利用することが賢い合宿免許選びの第一歩です。

・自分のライフスタイルに合った宿泊施設を
合宿免許に参加するなら、絶対に気になるのが宿泊施設ですよね。
教習所が所有、あるいは提携している宿舎やホテルなど、教習所ごとに様々な宿泊施設を用意しています。

相部屋から個室まで色々あるので、部屋のタイプや合宿免許の予算で選ぶことができます。
相部屋なら新しい仲間も出来そうですし、合宿免許に友達と参加するならツインタイプも良いでしょう。

インターネットを部屋で使いたい人はネット接続可能な宿泊施設もあります。
女性一人で合宿免許に参加するという人なら専用出入口キーや監視カメラがある施設もありますし、管理人さんが常駐しているところもあるので、安心して合宿免許に参加出来ると思います。

ちなみに、どの教習所でも合宿免許は短期卒業を目指すため時間には厳しいです。
朝早く起きるのが苦手な人は教習所の敷地内に宿舎がある教習所がいいかもしれません。

合宿免許を扱っている教習所までの交通費について

2016年9月18日 / ユーアイ トピックス, 合宿免許 豆知識

 

合宿免許を行っている場所は、比較的田舎の方が多いように思います。
合宿免許と共に観光まで楽しめる合宿免許プランもあるので、リゾート地のような若干都市部から離れた地域にあることが多いようです。

合宿免許を行っている教習所がある県内に住む人は入校困難としている教習所もあるので、合宿免許に参加するために遠い他県に行かなければならないという人も少なくないはずです。

そこで心配になるのが交通費ですね。
自宅から合宿免許を扱っている教習所まで何で行けば良いのか、交通費はいくらかかるのか。

免許取得費用や宿泊費だけでも結構な金額なのに、交通費までと考えて合宿免許に踏み出せない人もいるのではないでしょうか。

最近では、合宿免許を扱っている教習所によって、交通費を負担してくれるところが増えてきています。
全額負担してくれるところもあれば、交通費の上限を設定してあるところもあるので、合宿免許に申し込む前に確認が必要です。

また、現金で支給してくれるところもあれば、電車の切符や航空券などの旅券で支給してくれるところもあります。
この点については合宿免許を扱っている教習所までの移動経路で必要な切符などを購入する前に、きちんと確認しておくと良いと思います。

その他にも、自宅から合宿免許を扱っている教習所までのかかった費用を、帰りの分も含めて後から支給してくれるところもあるそうです。

合宿免許を扱っている教習所によって対応は異なります。
教習所までの交通費を示す領収書などは大切に保管しておきましょう。

合宿免許は楽しみもいっぱい☆

2016年9月11日 / ユーアイ トピックス, 合宿免許のメリット

 

合宿免許って知ってる?(*゜▽゜*)
合宿免許ってとにかく免許が取れるのが早いから行く人いっぱいいるみたい!
入校から卒業までの期間は普通車オートマ限定で約14日間、普通車ミッションで約16日間。
これはめちゃくちゃ早いっ(^-^)
しかも合宿免許では費用は10万円代でおさまることもあるらしい(>ω<)
その費用には宿泊代と1日3食の食事代に、合宿免許所までの往復の交通費含まで込み込み!
普通に免許取りに行くなら30万円くらいかかるらしいよ(>ω<)
合宿免許がここまで安いのには理由があって、地方にあることで施設の維持費とか人件費が安いからだとか。
教習にも満足してる人が多いみたいで、合宿免許が人気なのも分かるよねー。

あと、休日に合宿免許で仲良くなった教習生たちと出掛けると、気分転換もできていいかも~(*゜▽゜*)
観光にレジャー、ショッピングにカラオケなどなど・・・(^-^)
合宿免許のサイトとかで近隣で楽しめるスポットとか紹介されてるし、より詳しい情報は合宿免許所の教官の人たちから収集してみるといいかも!

最初は緊張したり不安もあるかも(>ω<)
でも合宿免許の良いところは、友達や思い出も一緒に作れること!
合宿免許にはいろんなところから教習生が集まってくるからね(^-^)
歓迎イベントや親睦会をやってくれる合宿免許所がほとんどだから仲良くなるきっかけにもなっていいかも♪
せっかくの合宿免許だから、とことん楽しまなきゃね!

全国にもいっぱい合宿免許所があるから、いろいろ比較してコレだ!ってゆう合宿免許所を探してみてね(*゜▽゜*)

合宿免許の料金について

2016年9月8日 / 合宿免許 豆知識

 

合宿免許に必要な料金は2種類あります。

まず免許取得に必要な合宿免許料金です。
つまり学科や実地の教習に必要な料金と、その都度行われる検定にかかる料金のことです。

この他に、合宿免許なので宿泊にかかる費用もかかります。
合宿免許には宿舎を借りる宿泊のみの場合と、宿泊プラス食事の場合とがあるようです。

宿泊のみの場合、食事はどのようになっているのか、自分で食事を作れる場所があるのか、近隣にお店があるのかなど、合宿免許に申し込む前に確認しておきましょう。
食事がつく合宿免許プランでも、料金に食事代が含まれているのかを確認しておいた方が良いでしょう。

合宿免許の場合は教習にかかる費用はパック料金になっていることがほとんどです。
合宿免許に行ってから追加料金を支払う可能性は低いですが、保険に必要な料金や、高速道路での教習があるところでは、高速道路料金を支払わなければならない場合もあるようです。

合宿免許はすべてパック料金になっているので、通学よりも安く抑えられているとはいっても、学生さんにとっては高額です。
合宿免許はローンを組むこともできますが、一度組んだスケジュールはキャンセルすることが出来ないので、自分の日程とよく検討してから合宿免許に申し込みをして料金を支払った方が良いでしょう。

交通費を教習所側が負担してくれる場合もあるようなので、もし合宿免許に行く際に交通費の領収書を発行してもらえるようであれば、大切に保管しておきましょう。

合宿免許の保証内容

2016年9月7日 / ユーアイ トピックス

合宿免許の保証内容

合宿免許に限ったことではありませんが、運転免許取得には当然お金がかかります。
その金額は大きいので、一度に合宿免許料金を支払うとなると結構大変ですね。

中には一生懸命アルバイトや貯金をして、お金を貯めてから合宿免許に参加するという人もいるかもしれません。
そんな大切なお金を使って合宿免許に参加するのなら、合宿免許に含まれる費用をしっかりと調べて確認しておくのが良いでしょう。

学科や技能教習は最低限の合宿免許料金に含まれていますが、それ以外の保証内容については自分できちんと確認して合宿免許先を決めるときに比較してみると良いでしょう。

技能教習では第1段階、第2段階と分かれていますが、それぞれの検定で合格しなければ延長になる場合もあります。
その場合、延長料金は別にかかるのか、合宿免許費用に最初から含まれているのか、無料の場合は何回までは無料で行ってくれるのかなどは確認しておきましょう。

また、技能と学科の両方の検定代は、合宿免許参加時の料金に含まれているのかどうかも確認しておかなければなりません。
合宿免許に申し込む時に大きなお金を払うのであればその後の教習で支払うお金は出来るだけ少なくしたいですよね。

合宿免許の教習料金にどのようなものがふくまれているのが、合宿免許の教習料金以外で支払わなければならないお金はあるのか、それぞれきちんと確認してから教習所を決めることも合宿免許を選ぶ上で賢い方法と言えるのではないでしょうか。

合宿免許の費用と嬉しい特典♪

2016年9月5日 / ユーアイ トピックス

 

合宿免許の料金は教習料や検定料の他にも、宿泊費用や食事代などが含まれています。

合宿免許先が遠方でも、往復の交通費も含まれています。
合宿免許を卒業した後は住民票がおかれている地で本免試験を受けますが、教習は全国どこでも受けることが可能!
通学でも合宿免許でも習うことは同じなので、期間や費用のことを考慮すると合宿免許はとても便利なシステムなんです!
合宿免許のサービスやプランも充実したものが多く、女性でも安心して参加できるプランもあります。
合宿免許には割引やキャンペーンなどもあるので、更に安くなることも!

その間泊まる宿泊施設は、合宿免許所によっていろいろです。
教習所近くのホテルやマンション、教習所内の宿舎などと様々です。
合宿免許先を選ぶ時には、どんな宿泊施設があるかもチェックしておきましょう!

合宿免許の料金が安いことで、教習内容やサポートに不安を抱くかもしれませんが、心配いりません。
教習も丁寧に行っていただけますよ。
そして、合宿免許に参加することで受けられる特典や充実したサービスがあります。
合宿免許先の土地柄などを活かしたものが多く、例えば温泉!!
一日の終わりには温泉にゆっくり浸かって疲れを癒やすのもいいですね~。
合宿免許には嬉しい特典もありながら、充実したサービスが豊富です。
合宿免許では食事で郷土料理が楽しめたりもするんです。

合宿免許は全国各地にあるので、こういった特典やサービスを参考に選んでみるのもいいと思います。
合宿免許ならではの醍醐味を、思う存分味わいましょう!

TOPへ戻る